自転車

はじめて自転車に乗ったときの話

2019年4月25日

自分が小学校1年生の頃のはなし。

当時、仕事もろくすっぽせずに
競輪に狂い、鉄火場通いだった父は
ある時こうひらめいたそうだ

そうや!
うちンとこの坊主を競輪選手にして
今までの負けチャラにしたろ!」

思い立ったが吉日。

おやじはいきなり自転車を買ってきて
こう言った。

「今日から毎日、これに乗れ!」

その当時、同学年でも図抜けて背が低く
身長1メートルもなかった自分は
言われたとおりに
自転車にまたがってみたものの

案の定

オヤジは考え抜いた挙げ句
極めて単純で馬鹿なアイデアを思いついた

「届かない分はそのへんのもんを間に噛ます」

で、手っ取り早く近くの角材を拾ってきて
ペダルにくくりつけたが

結果はというと…

もう、こけた

毎日コケた。

この経験が自分の自転車に対する接し方を
少し歪めてしまった。

その後、身長も伸び
普通に自転車に乗れるようになったのだが…

いつの間にか
普通じゃない自転車の乗り方に
目覚めてしまっていた。

当然
息子を競輪選手にさせるおやじの夢は
はかなく潰えました。

 

 

ブログの読者になると
更新情報をメールでお知らせします!


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

-自転車
-, , , ,

Copyright© 私は夜食を食べすぎてこんなに太ってしまいました。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.