自転車

赤城山の仙人

2019年8月30日

「おい!」

「おいこら!」

「うわ!びっくりした!」

 

「誰っすか!あんた、勝手に人ん家に!」

「俺か?俺は赤城山の仙人だ」

「へ?仙人?仙人って、霞食ってるあれ?」

「まあな」

「ただ、今時霞は食わんな。あれ、うまくないし」

「やっぱ、ミラノサンドのAだな」

「へ?」

「ドトールはあればっかし食う」

「はあ」

 

「そうそう!おい!知っておるか?
ヨーグルン復活しとるぞ!ドトール!」

「テンション上がったわー。
山降りてきて良かったわー」

「…」

 

「ま、そんなことは置いといて!」

 

「で、どうなんだ?」

「何がっすか」

「あっちの方は…」

「あっち?」

とぼけんなやボケ!
  ヒルクライムの練習だよ」

 

「いや、あの」

 

「あ!さ、定峰峠!登りました!」

 

「へー。他は?」

「そんだけです」

「へー、余裕だな。で、あれか?」

「ぶっつけ本番で行って、
案外登れました!的な、ね」

それ的な展開期待してるわけね

「その出っ張った腹で」

 

「いや…」

 

「そういうことだろ?ぶっちゃけ」

 

「ま、まあ、だいたい…」

 

「へー」

「その腹で登るんだー」

「へー」

 

「なめられたもんだな俺も」

 

「いや、別になめてるとか
そういうんじゃなくて」

 

「いいよ、俺は別に」

「ドトール行くついでに寄っただけだから」

 

 

「じゃ、帰るわ、山に」

 

「お疲れ様です」

 

「一応、また来るから!」

「え?」

「いや、別に来なくても…」

「いや、来るよもっかい」

「ええー」

 

「でさ、来る前に電話すっから」

「そん時はさ、先買っといて!」

「え?」

ミラノサンドのAと夏みかんヨーグルンな」

「ええーっ」

「B買うなよ!
Aだかんな!間違えんなよ」

「いや…」

 

「買っといてくれればいいことあるかもよー」

「え?」

「な、なんすか、いいことって?」

「お前がさ、山登るとき
斜度ちょっと下げてやろーかなーとか」

「で、できるんすか?そんなこと!」

「できるわけねーだろ、バーカ」

「バーカ」

 

「どんだけ俺万能なんだよ!」

「十得仙人かよ!俺は!」

「…」

「俺はビクトリノックスの
十得仙人かーい!」

「…」

「じゃ!

 

ブログの読者になると
更新情報をメールでお知らせします!


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

-自転車
-, , , , ,

Copyright© 私は夜食を食べすぎてこんなに太ってしまいました。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.