自転車

2019年6月5日

 

「屁が出そう!」

家の中なら別にどうということもないことでも

自転車でアウトドアを走っていると

勢いで「ブー!!」ってわけにはいきません。

 

いくらボーラーハンスグローエーの

レプリカジャージでキメているローディーも

屁をこいたところを誰かに見られたその瞬間から

「屁こき自転車乗り」

そんな屈辱に甘んじなければなりません。

 

自分は自転車に乗るときは

常にその事を考え、万全の体制で

「屁」を吟ずるよう心がけています。

備えあれば患いなし です。

 

「あっ、出そうだな」そう感じても

慌ててはいけません。

まず冷静に周囲を見渡し、

迅速に周囲が自分の存在を意識しない空間に

自分を導きます。

そして

十分な個的空間を確保したら

確実に一発で

「ブッ!」

と仕留めます。

涼しい顔で、視線は前。

もし万が一誰かに見られても、

逆に

「屁ですがどうかしましたか?」

そんな毅然とした態度こそが大切なのです。

 

そしてもう一つ大切なのは

一発で決めることです。

ベストなタイミングでスキなく決める

これです!

適切なタイミングで放たれたあなたの屁は

力強い翼を得て

自然に羽ばたいていくことでしょう。

 

ブログの読者になると
更新情報をメールでお知らせします!


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

-自転車
-

Copyright© 私は夜食を食べすぎてこんなに太ってしまいました。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.