バイク 免許

おっさん式中型二輪免許の取り方 その1

2020年10月2日

お久しぶりです

皆様お元気でしょうか?

久々の更新となりますが
その間ワタクシ
二輪免許取得のため
自動車学校に通っておりました

 

さて

 

入校手続きを済ませ
適性検査を受け
今まで免許を何も持ってなかった
おっさんライダーの卵は
第一段階として
学科10時間
技能9時間の教習を受けなくてはなりません

 

でまあ

学科はまあいいとして

やはり気になるのは技能教習!

つってもまあ

自転車乗ってるし
それがちょっとでかくなって
アクセル捻りゃあ
勝手に進んでくくらいの
そんなもんでしょ?
バイクって…

 

多分なんとかなる

てか
案外楽勝かも…

思いました

 

しかし……

 

そんな甘い考えは
受講10分で見事粉微塵に粉砕されました

 

もうね

とにかく

怖いんです!!

 

何がって

まず教官のおっさんの顔!

江戸っ子のブチギレ直前の
瓦煎餅屋の職人みたいな
おっさん教官が
いきなり400ccのバイクを目の前に倒して

「はい、おこしてみな」

アゴでオイラを指名
(本日はおっさん2人で講習)

どうしていいかわからず
適当なところを持ってなんとか起こそうとするも
前輪がズルズル滑るだけで
ミリほども持ち上がらない!

いや、それ以前に
あり得ないくらい重くてでかい!

こんな化け物
自分の力でなんとかなるわけがない!

もうね

なんもかんもが

思ってたのと違う!!

 

「全然持ち上がんないだろ」

見かねてやっと教官が近くに来て
バイクを何やら操作する

「ギアがニュートラルのまんまだと
車輪が回って素人にゃ起こせねえんだよな」

 

えーーーー!!

もっと早く言ってよそれ!

 

そしてやっと起こすときに持つ場所
腰の入れ方を教えてもらい
それでもギリでなんとか起こすことに成功!

ちなみにこの時、無意識に
引き起こしの際に
「ぬおおおおぉぉぉ!!」
声を出していたみたいで
声がうるさいと怒られた

 

7月下旬のクソ暑さもあり
既にもう汗ダラダラ

そこへもってきての初バイク乗車!

ヘルメットをかぶると
言いようのない閉塞感と視界の悪さ
(フルフェイスを買ってしまった)

言われた通り車体のスタンドを払い
壁に向けられたバイクに跨る

 

で…

でかい!

 

この時点でいろんな精神的負荷が
いくつも乗っかり
心の積載量オーバーで意識朦朧

ギアニュートラルでアクセルを回すと

ブオオオオオォォン!!

 

ええええええ!?wy.?apえ???

 

ほんのちょっと
アクセル捻っただけなのに
何この荒ぶりっぷり?

いやちょっと待って!

こんなんギア入れたらバイク吹っ飛んでいきますやん!

 

「よし、そんじゃ、
クラッチ握って
シフトペダル踏んで
ギヤ1速に入れてアクセル回してみ」

 

いやだ!怖すぎる!

それでも恐る恐る
ウレタンの立てかけてある壁に向かって
バイクのアクセルを慎重に回す

ブオオオオオンッッ!!!

ヤーメーテーーー!!

はずみでクラッチレバーから手が離れる
(多分)

なかなかの勢いで壁に突進!
教官が支えに入る

 

この時点でオイラももう1人も
顔面蒼白で無言

 

その様子を見て
教官がぽつりと一言

「悪いけどこんなんじゃ
 この後コース走らす自信ないわ俺」

 

「どうすんだこれ?」

 

いや、どうすんだって…

聞きたいのはこっちです…

 

つづく

 

 

ブログの読者になると
更新情報をメールでお知らせします!


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

-バイク, 免許
-, , , , , , , ,

Copyright© 私は夜食を食べすぎてこんなに太ってしまいました。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.