商店街 自転車

ミニベロ商店街 -立石仲見世商店街-

2019年10月29日

自転車で近所に出かけていって
コロッケを買ってくるシリーズ
ミニベロ商店街

第4弾の今回は
下町の江戸っ子商店街
「立石仲見世商店街」です!

これまで紹介してきた商店街もなかなかですが
今回もすごいです!

この商店街は珍しい縦2列になっていて
(実は左隣にもう一列「立石駅通り商店街」もある)
駅から見てこちらが左側入り口です
右手の「鈴屋食品」
いろんな漬物てんこ盛り店です。

そして右側入り口はのっけからこの行列!

立ち食い寿司「栄寿司」
激安激ウマの行列店です。

向かいが「もつ焼き うちだ」

昼からおっさんが店からはみ出さんばかりに入ってます

寿司食って、もつ焼き食って、酒呑んで
日の高いうちからメートル上がりまくり(死語)です

しばらく進むと左手に見えるのが
「さくらいの餃子屋さん」

しっかり煮込まれたもつ煮込みが
いつでも暖かくあなたを迎えてくれます

ちょっとおたまの持つとこが
ターミネーターみたいに沈んじゃってますけどね

 

ここの商店街の特徴は
おかしな専門店が多いこと

ここの餃子専門店もそうですが
他にも
麺専門店「にしわき」
そして、もうやってませんが

育児用乳製品の店「コバヤシ」

↑の店は
繁盛してた頃があるのか心配になってしまうほどです

 

しかし

なんといいましょうか
この、薄暗くてオンボロで
色んなものが混ざった匂い
それでいて妙に活気があるという
いかにもなこの立石仲見世商店街は
ひじょうに自分的にツボな商店街なのです

中には、店ではありませんが
こんなものもありました

謎のフリースペース!

どう使えというのでしょうか?

そしておまたせの(?)今回のコロッケスポット
この店です!

駅前表側に店を構える「愛知屋」

アジフライ、イカフライ、メンチカツ、コロッケと買いましたが
特にメンチカツとコロッケが激ウマ!!

あまりの旨さに思わず写真を撮ってしまいました!
カラッと揚がっているため
油くささが全然なく
軽く30個は一気食いできそうなコロッケです

 

とまあ濃密な「立石仲見世商店街」ですが
実は隣の「立石駅通り商店街」
違う意味で面白かったりするので
ちょっと気に入った店を紹介したいと思います

まずは軽くジャブで

おもちゃの「丸吉」です
トイザらスも売上が伸びないこのご時世に
もはや存在自体が珍しい「おもちゃ屋さん」です

間髪入れず右ストレート

商店街には欠かせない
おしゃれショップ「ラビット」です!
正面看板がハンガー(?)

とどめは必殺のアッパーカット

「カフェ・ルミエール」

ここまで来客を拒む店を今まで見たことがありません!

更に入り口のディスプレーをよく見ると

なんかもう、突っ込みどころ多すぎて
困ってしまいます。

 

最近イオンモールやイトーヨーカドーなんかのせいで
シャッター締めてる商店街の店が増えましたが
逆転の発想で見ると
そんなご時世に商店街で
生き残っている店というのは
どれもこれも一筋縄でいかない
曲者揃いと言えるのではないでしょうか

変なもの探しにはまさにうってつけ!

まあ飽きません

 

個性の強さで考えると
どこ行っても代わり映えしない
イオンモールなんて
屁みたいなもんです

 

さあ!みんなで
コロッケ食べながら
近所の商店街をブラブラしましょう!

 

ブログの読者になると
更新情報をメールでお知らせします!


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

-商店街, 自転車
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 私は夜食を食べすぎてこんなに太ってしまいました。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.